« いい天気!!岩尾城址(蛇山)へ!! | トップページ | 満開のエドヒガン、ミツマタに感動!!「青貝山」 »

2023年3月19日 (日)

妙見・大堂越~黒川桜の森へ(下見)+アルファ

P31901541

良い季節となりました!春ですね!

4月9日、第2日曜日に予定している相野駅山の会例会は能勢の黒川桜の森へ行く事になった。予定していたリーダーがコンディション不良となったため代わってリーダーを務めることになり、歩いた事の無いコースなので山の会メンバー2人に協力してもらい下見に行ってきた。

ピークは無いが見どころ多いコースで桜満開となるであろう本番が楽しみだ。

Photo_20230320123501

今日のコースは

能勢電・妙見口駅→花折街道→妙見ケーブル・黒川駅→大堂越→野間の大けやき→ありなしの道→出野三角点→黒川桜の森→黒川公民館→妙見ケーブル・黒川駅→能勢電・妙見口駅

本来はここまでの予定だったが下見パート2

能勢電・妙見口駅→吉川峠→ミツマタ群生地(NO1)→能勢電・光風台駅

P3190002

【8:41】能勢電鉄妙見口駅に着き、トイレを済ませ準備整える。

P3190009

駅前の豊能町観光案内所で良く整備されたハイキングマップをいただく。

P3190006

案内図を確認する。

P3190011

高代寺への古い丁石が残る。慶安3年とはいつと調べると1650年江戸時代初期、家光の時代だ。

P3190013

【8:55】能勢妙見山への参詣道、標識や灯籠などが整備された「花折街道」をスタートする。

P3190016

ここ吉川から黒川にかけては良く整備され日本一の里山と言われる。

P3190019

能勢妙見山への丁石」も残る。

P3190021

【9:10】分岐に着き、左へ大堂越コースへ進む。

P3190033

【9:20】妙見ケーブル・黒川駅に着く。

P3190039

ケーブルカーが到着だ。

P3190040

ケーブル左側の登山道を進む。

P3190043

渓谷沿いに良く整備された登山道だ。

P3190045

大堂越に向かう。

P3190054

変わった形のクヌギが群生する。

P3190053

ここは台場クヌギ林で林業遺産に選定されている。

太く短い幹からいくつもの細い幹が枝分かれした特徴的なクヌギの木だ。

里山の風情を代表する薪炭として使われ、特に茶席用の炭として珍重され断面の特徴から菊炭とか池田炭とも呼ばれる。

P3190055

エドヒガンの大木もある。

P3190056

緊急連絡用として標識が整備されている。

P3190057

急坂や細い岩場も続く。

P3190066

【9:59】妙見口駅スタートからちょうど1時間ほどで「大堂越」に着く。

この道は吉川から野間に通じる古道で「大堂越」は峠にあたる。

P3190068

「能勢妙見山」へは右に尾根伝いに山頂まで30分くらいかかる。本来はそのまま野間方面に直進するのだが、今日のコースはピークを踏むことはないので本番時は行かない予定だが左へ「振野山」に向かう。

P3190069

急斜面を上る。

P3190071

【10:15】15分ほどで標高547m「振野山」に着く。

P3190074

山頂は広いが、周囲は木々に囲まれて眺望はあまり良くない。

P3190077

来た道を引き返す。

P3190078

【10:35】再び「大堂越」に戻り。能勢町野間方面に向かう。

P3190080

コースは所々崩落しているが迂回路がきちっと整備されている。

P3190083

歩きやすい道が続く。

P3190084

良い天気!麓の野間に下ってきた。正面遠くに見えるのは「歌垣山」か?

P3190094

民家の庭に咲く梅の花には一つの枝に紅白の花が咲く。どういう事か?

P3190098

【11:15】「大堂越」から40分ほどで「野間の大けやき」に着く。

P3190103

正面には「天然記念物 野間の大けやき」の立派な石標が立つ。

P3190100

「野間の大けやき」

国の天然記念物で樹齢は1000年を超え、樹周14m、樹高30m、けやきとしては全国第4位、大阪府一番の巨樹

ちかくのけやき資料館にトイレあり。

P3190110

大けやき前に古民家再生された「懐かしさの杜」あり、立ち寄る。

P3190119

一棟貸しの民宿だが、休日にはCAFEもやっていて、珈琲と美味しい「和っふる」をいただく。

P3190121

メンバー3人で記念の一枚

近くには評判のパン屋さん「薪パン日々」もある。次回は是非立ち寄りたい!

P3190124

【12:00】弁当を食べる予定だったが「和っふる」で少しお腹も膨れ、先を急ぐことにした。

P3190125

【12:05】少し行き過ぎてしまったが橋を渡って直ぐに右折する。道標が無く、間違ってしまった。

P3190130

下草が刈られ、良く整備された登山道を進む。

P3190139

ビューポイントの標識あり、ソーラーパネルの向こうに能勢の山々が良く見える。

P3190141

古い標識が残る。

P3190142

この道は「ありなしの道」と呼ばれる。

「野間の大けやき」はかつて「蟻無宮(ありなしのみや)」の境内であり、そこからこの名が付いたそうだ。

P3190145

【12:34】大けやきから35分ほど「ありなしピーク」366mに着く。「出野三角点」と呼ばれる。

P3190150

「黒川桜の森」に向かう。

P3190153

歩きやすい下り坂を進む。

P3190154

【12:42】「黒川桜の森」が近付いてきたようだ。右は群雲桜、左は微笑み桜とある。良くわからないが右「エドヒガンの群生 群雲桜(むらくもざくら)」に向かう。

P3190156

【12:44】直ぐに分岐あり、「群雲桜」に向かう。

P3190158

【12:45】当然、まだ咲いていないが多くのエドヒガンザクラが群生する。

P3190160

19本のエドヒガンザクラが群生する。

1960年頃まで放置されてジャングル状態になっていたが菊炭友の会が「黒川桜の森」と名付け、2006年より整備を開始して約7年かけて現在の状態になったそうだ。

20210329233914

この後、分岐を黒川公民館に下ってしまったが後から調べると「微笑み桜」がシンボルツリーであり、桜の森中心部は歩いていないことが分かった。今日は桜が咲いていないので問題無いが本番時は分岐まで戻り、「微笑み桜」側から下山したい。

P3190169

「茶道文化を支える森」の大きな看板

P3190170

【13:01】獣除けゲートを出る。

P3190172

麓の黒川の集落に下りてきた。

P3190175

【13:15】森のウッドデッキに着く。ピザ蟇があり、ここを下ると旧黒川小学校となる「黒川公民館」だったようだ。本番時には立ち寄りたい。

P3190180 P3190183

見事に満開のミモザの前を通過する。

P3190189

【13:32】県道605号線に出て進むと「黒川ファーム」があり、ひと休みとする。野菜の直売や燻製のポテチなど置かれていた。

P3190199

日本一の里山・黒川の集落を進むと「妙見ケーブル 山上駅」が見え、山々の斜面は桜でピンクに染まるそうだ!

P3190204

【13:55】妙見ケーブル「黒川駅」まで戻ってきた。

P3190208

【14:00】続いて「上杉池」の分岐まで戻り、「妙見口駅」に向かう。

P3190211

【14:14】スタートから5時間20分ほど「野間の大けやき」から2時間15分ほどで能勢電鉄「妙見口駅」にゴールする。

ほぼ計画通りに進行できた。

計画外の「振野山」を省くと距離11.5km、累計高低差 640m、標準コースタイム 4時間半ほどか?

P3190212

【14:15】本日の計画はここまでだが、今週末の例会「青貝山」ミツマタハイクの未確認事項の「吉川峠」までのルート確認とミツマタ開花状況をチェックしようと再スタートした。

P3190218

【14:39】25分ほどで「吉川峠」に着き「青貝山」方向に向かう。

P3190222

【14:49】「青貝山」への登り口を確認し、ミツマタ群生地に向かう。

P3190224

アセビが満開!

P3190234

【14:54】5分ほどで群生地に着く。

P3190225 P3190226 P3190230 P3190241

もっと満開かと思ったがまだ7分咲きと言った所か?

P3190244

ミツマタには青空がよく似合う。

P3190249

群生地で記念の一枚

P3190264

チェック事項を終え、能勢電の駅に向かう。

途中のヤマザクラも蕾膨らみ、開花寸前だ。

P3190268

【15:35】ときわ台に出て、能勢電鉄光風台駅に向かう。

P3190271_20230320161801

【15:45】野間の大けやきでワッフルを食べたりして、タイミング逸したがさすがに腹が減ってきたので遅ればせながら、住宅内公園でランチタイムとする。

P3190273

【16:55】最後少し調整したが20km歩いて「光風台駅」に元気に到着する。良く歩きました!

 

« いい天気!!岩尾城址(蛇山)へ!! | トップページ | 満開のエドヒガン、ミツマタに感動!!「青貝山」 »

日帰り登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いい天気!!岩尾城址(蛇山)へ!! | トップページ | 満開のエドヒガン、ミツマタに感動!!「青貝山」 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ